放射線科 « - 独立行政法人国立病院機構 和歌山病院

病院概要

院内の組織および各部・科紹介

放射線科

概要

 和歌山病院放射線科は、呼吸器疾患、神経系疾患、胸部・血管外科が関わる疾患、並びに重症心身障害の診療に対して、X線、ガンマ線、電子線といった放射線を利用して画像診断と放射線治療の診療を行っています。
 CT検査では、呼吸器疾患や心臓・大血管疾患、脳疾患をはじめ腹部領域、整形外科領域の疾患に対して、X線CT装置で撮影して体の断面を画像化して診断します。画像診断に用いる画像の画質は高く維持しながら、低線量で被ばくを抑えた撮影をしています。
  核医学検査(RI検査)では、臓器・組織の代謝や機能を利用して画像診断の検査目的に合わせて製造した放射性医薬品を注射して、がん転移の有無を見る全身骨のスクリーニング検査、脳梗塞の脳血流状態やパーキンソン病などの脳神経疾患の診断に有効な画像診断を行います。
 放射線治療は、外科手術、薬物療法に並ぶがんの治療法のひとつです。高エネルギー放射線発生装置で発生させた高いエネルギーのX線や電子線を悪性腫瘍に照射して治療を行うもので、体を切らずに治療するので臓器・組織の機能と形態の温存が可能です。治療に必要な放射線の処方線量を腫瘍の存在する位置に精度よく照射するために、当院の放射線治療品質管理士が装置の品質管理を日々行っています。当院は和歌山県紀中地区で、放射線治療装置を所有している唯一の医療施設です。
 乳房撮影検査は乳がんの画像診断として乳房のX線撮影(マンモグラフィ)を行うものです。マンモグラフィ撮影は乳房専用の撮影装置で行われます。当院のマンモグラフィ撮影装置は、日本乳がん検診精度管理中央機構が認定した設備を備えており、マンモグラフィ撮影は講習を終了した診療放射線技師が担当しています。

検診業務について

 肺がんの早期発見を目的としたCT検査による肺がん検診を行っています。肺がん検診のCT胸部撮影検査では、肺がんの画像検出能を損なわない程度にCT装置のX線量を低線量にしてX線被ばくを低減しています。
マンモグラフィ撮影による乳がん検診を行っています。御坊市、美浜町、近隣地域の自治体が発行する乳がん検診受診券を受け取られた方をはじめ乳がん検診を希望される方の検診を受け付けます。当院は乳がん検診受託個別医療機関となっています。
 

当院の診療放射線技師が所有する資格・認定

乳がん検診マンモグラフィ認定技師 3名
放射線治療品質管理士 2名
放射線治療専門放射線技師 2名
X線CT認定技師 1名
第1種放射線取扱主任者 1名
マンモグラフィ(乳房エックス線写真)検診施設画像認定 取得

放射線装置の紹介


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
  
 


 
 
 
 
 


 
 
 
 
 
 

ページトップへ